地域に根ざした病院つくりを目指して

教育について

当院は、神戸大学附属病院、中央市民病院の関連病院として、他の医療機関とも連携をさせて頂きながら、良い医療を提供出来るよう努力しています。

最新の人工呼吸器を80台所有し、大病院から信頼されるように、独自の高度人工呼吸器教育を行っております。
ぜひ一度見学にお越しください。
病院長



第1手術室
第1手術室
人工呼吸器ザビーナ
人工呼吸器ザビーナ
人工呼吸器760
人工呼吸器760

第2手術室
第2手術室

選ばれるパートナーとなるために

私たちは、激動する社会と医療の動向を見据えながら、組織維持・CS(患者満足)・ES(職員満足)を達成すべく、柔軟に組織を変革させながら効率性と看護生産性の向上に努めています。
患者さんによりそうパートーナーとして選んでいただけるように、倫理感受性を高めエビデンスに基づいた安全な看護を提供できるよう日々研鑽しております。
教育には専任の担当者を配置し、新人看護職員卒後臨床研修を初め、当院独自の高度人工呼吸器研修など充実したプログラムで研修を行っています。また、資格取得・学会参加・院外研修参加奨励補助も行い、人として職業人としてのキャリア構築を支援しています。
看護部長

採血実習
リアルラング
人工呼吸器研修用
リアルラング
03
各種シュミレーターを用いた各種技術研修
シュミレータ

05


2011年より、新看護部長体制のもと、院内教育強化のため看護部教育委員会を再編し、看護師ひとりひとりが看護師として社会人として成長していけるよう、サポート体制を整えるべく組織強化を図りました。新人教育については、2週間の集合研修を実施しています。そして、仕事を通しての学びを暗黙知から形式知へと転換できるように、リフレクションを勧めています。
継続教育についても更なる実践能力の向上を図るため、院内研修・勉強会を実施し、院外研修参加にも積極的に支援しています。
患者さまが、安全かつ安心して治療を受けられる環境を整え、質の高い看護を提供できるよう日々研鑽しています。私たちの仲間になりませんか?あなたからの御連絡をお待ちしています。

教育担当 専任教育研修責任者 

新人看護職員院内教育

hiyoko
新人看護職員臨床研修(集合研修) 入職後10日から2週間の研修ののち部署へ配属

テーマ 内容
病院概要 病院の歴史・経理・就業規則など
専門職業人として 看護師としての基本姿勢・接遇・コミュニケーションなど
チーム医療 組織体制・委員会活動
看護部について 看護部の歴史・理念・方針など
看護倫理 看護倫理・患者の権利と看護者の役割
キャリア開発 目標管理・ポートフォリオの活用
医療安全 医療安全体制・インシデント報告・針刺し事故の予防など
感染対策 スタンダードプリコーション・手洗い・医療廃棄物など
安全管理 災害対策・消火設備など
関係法令 個人情報保護法・保助看法・人格法など
薬剤の取り扱い 処方箋・麻薬・劇薬・類似薬の管理・配薬など
検査 主な検査と検体の取り扱い
放射線 放射線検査と注意
フィジカルアセスメント等
解剖生理・フィジカルアセスメントの実際
栄養 入院時栄養計画・注入食・褥創対策、ラップ療法
急変時の対応 急変時対応 BLS・AED
診療録 診療録取り扱い・看護記録・看護計画 看護必要度
看護技術 皮下・筋肉・静脈注射・採血・点滴・準備・固定・ボトル交換・血糖測定・吸引・気管カニューレ管理
ME機器 人工呼吸器の管理・ポンプ・モニター低圧持続吸引機などの取り扱い
業務全般 処方箋・伝票の流れ、業務マニュアルより主要業務抜粋説明
リフレクション 研修中に訪問していない部署の見学とふりかえり

2012年新人看護師研修風景

2012年新人研修風景


2011年新人看護師研修風景

2011年新人研修風景


2010年新人看護師研修風景

2010年新人看護師研修風景_500



 
 

当院の特徴的な研修

人工呼吸器研修 医師や熟練の看護師、MEが講師となり、当院オリジナルコース別、第1・3木曜日(勤務時間内)に開催

人工呼吸器研修室_500



院内定期研修

医療安全 医療安全体制・インシデント報告・針刺し事故の予防など
感染対策 スタンダードプリコーション・手洗い・医療廃棄物など
看護技術 希望時随時
看護記録について 看護記録・看護計画
薬剤の取り扱い インスリン自己注射・麻薬パッチの貼り方・吸入薬取り扱い
看護研究発表会 年2回   
ME機器について ポンプなどを操作しながらの研修を月4回開催!自由参加
院外研修参加の推奨 看護協会での研修やオープンセミナー企業研修など多数参加